カラダからのサイン

注意信号をうまく読み取る

身体はいつもサインを送ってきていますが、皆様は気がついていらっしゃらないかもしれません。

例えば、取り込んではいけないものを食べてしまった時は「嘔吐」という現象で吐き戻し、体内にとどめておいてはいけないと、身体が判断した場合は「下痢」という現象で体外へ出します。

他に、「内蔵体表反射」と呼ばれる「痛み、シビレ、麻痺、吹き出物、シミ、ホクロ」などとして、体表面にサインを送ってくる場合があります。

例えば、「シミの多い人」は過去において活性酸素が比較的多かった人、または今もその状態が続いている人ということが出来ます。

食生活の面から見た場合、外食の多い人や揚げ物の好きな人は油の錆びが皮膚表面に現われていると判断していただき、体内の活性酸素を消してくれる「きのこのサプリメントやお茶」を努めて摂るようにし、身体の錆を無くしましょう。

顔のシミも身体の錆も一緒に取ってくれる解決策となることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする