「転ばぬ先の杖サロン」オープンしました!

転ばぬ先の杖サロンとは

健康が損なわれようとしている昨今、多くの人が病気になることを恐れ、また老化とともに認知症になることを恐れて、日々色々な健康法を模索している人が多いということはテレビで放映される健康番組の多さを見ればわかります。

香港で「聯合中医学院(れんごうちゅういがくいん)」を設立され、「奇跡の名医」「東洋の神秘」という尊称をもたれていた医学博士、哲学博士の温雪楓(おんせっぷう)先生に今から30年前の平成元年に松果体活性の方法と気功法を伝授していただき、以後皆様にお伝えしております。

今は亡き恩師はいつもこのように仰っておられました。

『医者は病気を治療することは出来ても、病気によって損なわれた健康を回復させることはできない。健康なからだは患者自身が持っている回復力によって取り戻すものなのだ。』

その言葉がずっと頭から離れず、自分自身の問題解決も含め、根本療法の基礎である東洋医学の《気・血・水》の順調な循環が健康へと導くという恩師の教えを証明するため、教わったことを一つずつ実践し、重ねていくうちに色々な人との出会いがあり、その中からホンモノの健康法を見つけることができました。

この健康法は誰が行っても結果が出せる簡単な健康法となっています

その簡単なセルフケアの方法をお伝えする場所が「転ばぬ先の杖サロン」です。

原因があっての結果(今)の法則の通り、過去の失敗を繰り返さないためにも今の状況を知ることはとても重要です。

  • 今現在の自分の気の流れや状態を知りたい
  • 失いかけている健康を取り戻したい
  • 体力の衰えや認知症のことが心配
  • 自分の健康管理を他人任せにしたくない
  • 5年後、10年後、その先もずっと健康でありたい

「気力、体力、脳力」ともに活力に溢れ、楽しい人生をお送りいただけますよう、お一人お一人丁寧に向き合わせていただき、東洋医学的《気・血・水》の流れの様子を確認させていただきながら、セルフケアのためのアドバイスをさせて頂きたいと存じます。

さらに、お母さんドクターになりたい人へのアドバイスや養成も行っております。

どうぞお気軽にお越しくださいませ。

末永く愛される「杖」を目指して。

>お問合せはこちらから<

サロン内の様子はこんな感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 泉 欽也 より:

    お久しぶりです。
    サロン開設おめでとうございます。
    転ばぬ先の杖サロンとは、インパクトあるネーミングです☺️。
    地域の役員や町興しで東奔西走の毎日です。人を喜ぶことに生きることが、自分の人生を最高に満足することだと確信して、頑張っています。平野さんの元気さとちょっとお茶目なところを思い出しては、自分を奮い立たせています。
    これからの町興しのキーワードは「健康長寿」です。平野さんの文章でいろいろと教えてもらっています。☺️

    • m.hirano より:

      お久しぶりでございます。
      35歳まで元気がなかった私を「自分の健康は自分で!」と導いてくださった指導者の先生方のおかげで元気になることが出来、感謝にたえません。
      元気な年寄りがいっぱい増えれば素晴らしいことだと思います。
      苦しみ、悩んでおられる方々にアドバイザーとしてお手伝いをさせていただくこと、それが私を健康へと導いてくださった先生方への恩返しだと思い、サロンを再開させていただきました。
      泉さんの社会貢献で益々多くの方に幸せが訪れますようと心からお祈りしております。